[PR] フローリング コーティング 『見えるもの』⇔『見えないもの』 クルキチ日記:土曜「ハイランドアタック」
FC2ブログ

プロフィール

清香 明良

  • Author:清香 明良
  • メガネとリボルバーと

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

『見えるもの』⇔『見えないもの』
例えばそれは『言葉にしないとわからない』ことだったり、『言葉にしなくてもわかる』ことだったり

クルキチ日記:土曜「ハイランドアタック」

朝8時集合。
「おはよーございまー……眠い」が恒例の挨拶(笑)
「コース 2」と書かれたオフィシャルゼッケンと、半透明のテープを渡される。
……………………ふむ。VIVIOをオフィシャルに出せ、ということですな。
イソイソと運転席側のドアに貼り付ける。が、そのままでは剥がす時に塗装まで剥がれそうで怖いので(笑)、テープを半分に切ろうと格闘する。
…………負ける。は、半分に切れない……芯入りテープはなかなか手強かったので、ここで持参のナイフ登場。
縦に切り裂いて、ゼッケン装着。うん、カッコイイvv(バカ)

ヒルクライムなので山に行く。
全日本戦でも使う山なので慣れた道を走る。
途中のコンビニで栄養剤のゼリーとおやつを購入。
ラリーにはこれがないと!!(笑)
で、いきなり置いてかれる(笑)
待ってぇ~~~と知ってる場所に行くにもかかわらず不安になって追いかける。
コース配置でまず、入り口を閉鎖。
全出走台数36台、上りのみのライセンスもいらない競技とはいえ、一般者が入り込むと危険だから、山に入る人には詳しく説明をし、丁重にお断り願い、または夕方5時まで出ないでくださいとお願いしなくちゃいけない。
その封鎖役を置いて、コースに侵入。
スタート位置にはアタシとチーム長とその相方の姐さんが配置予定とだけ聞かされて、置いていかれる
萌える緑、せせらぐ水の音、木々の隙間から見える青い空、遠ざかっていく仲間たちのエンジン音(笑)
さ、寂しい………………(笑)
5キロほどの舗装山道上り坂の4箇所に、通過チェック用無線を積んだ仲間たちの車を配置、ゴールチェックに1人、頂上の閉鎖役を一人配置して、チーム長と相方が戻ってくるまで、一人で待ってなさいと言われて寂しさのあまり、PHSを取り出した(笑)
もちろん電波は届かないので通信できないだけで、文章打つことはできるもんね!
と、ポチポチやってたらイベント開催本部の方々が登場、スタートの準備を始める。
手伝わないわけにも行かないので、せっせとお手伝い。
そうして入るうちに戻ってきたチーム長たちと、エロ話で盛り上がる(笑)
爽やかな景色の中で盛り上がっていくエロ話。
「50間際にもなると飛ばない」だとか「色が薄くなる」とか「1回でいい」とか(笑)
本部の会長到着、エロ話打ち切り。
あの、そのサーブ、すんごい音がするんですけど……それ普通のサーブじゃないですよね……?
ボンネットに直接穴を開けてフォグランプ装着、走り出すと爆音、走り去った後には点々とガソリンが零れてる!!(笑)タンクに穴開いてるから、それ!!(危険)火がついたらどうすんのー!!と言いながら見送る(爆)
戻ってきたサーブは、前にも後ろにも進まなくなってました。
こ わ れ た (笑)
そのままでは邪魔なので、押してコース上から排除。
会長自ら競技車の邪魔をしちゃだめですよ(笑)
そんなことをしてたら、試走開始。競技車の先行をするインテグラ登場。
おお、カッコイイ。
その後、続々と車が集まりだす。
……Be-1?!←昔乗ってた昭和63年限定発売の日産車
……パオ?!←これもBe-1と同じ時期に限定発売された日産車
ポルシェ?!名前忘れたけど、確かトヨタのオープンカ-?!
スズキスイフト、アルトワークス、VIVIO、ダイハツESSE、日産マーチR、スカイラインGT-R(R32)、インテグラTYPE-R、シビックTYPE-R、インプレッサ、ランサー……この辺は「イニD」とかで知ってる人もいると思うんですが。
その中に一台場違いな車が。いや、場違いだといえば上記の車の方が場違いなのであって、この車こそその場にぴったりかもしれない。
「…………山菜取りに来たのかな?」と思ってもおかしくない、ホンダバモス
ゼッケンもちゃんと付いてる。参加証も持ってる。前後に競技車が並んでる。
………………これで山道を爆走するの?!Σ(゚д゚ノ;)ノ
スタッフ全員、驚いたそうです……(笑)←あとでみんなに確認した
気を取り戻して、まずは出走車全員でゆっくりコース確認の試走。
黄色いVIVIOにワンコが乗ってたvv
Be-1からサイレンのような音がした……(マーチRスーパーチャジャーのエンジンを載せ替えてるらしい)
ランサー、インプレッサは正直見飽きてる……(秋の全日本戦でいつも見てるから)
バモスはやっぱりバモスだった……山菜取りに来たおっちゃんのドライブそのもの(笑)
でも「バモスでチャレンジする」というその精神が好きだ!!
「どノーマルに見えて、本当はすごく早いのかもしれないよ?」と微かな希望を抱いたまま、試走終了。
そしてアタシのケータイが鳴る。
アタシの秋の全日本戦のオフィシャルの時の相方であり、その時のチーム長であり、VIVIOを組んでくれた人であり、そのVIVIOの兄弟仕様にしてた愛車のVIVIOがエンジンから火を吹いたために今アタシのVIVIOを狙っている師匠(笑)から電話で、「写真撮りたいから入ってもいい?」とのこと。
おいこら、おっさん…………。
アンタ、顔パスなんだから下の封鎖で言えば入れてくれるわよ……。
「どうぞお好きなように」と行ったそばから走り去っていく師匠の車。
うぉぉぉぉいっっ!!(笑)
もうコースに入ってるんならわざわざ聞くなー!!(笑)
その後、「ゴール近くにいるから何かあればなんかしてやる」と言われました。
何かあっても困るのですが……(笑)

そんな心配をよそに、本番開始。
「10秒前!5,4,3,2,1、スタート!!」の声に合わせて吹き上がるエンジン。
おおおおお、いい音vv
キュキュキュキュキューっと鳴るタイヤ。
おおおおお、ゴムの焦げるいいニオイvv
しかし、坂道をのぼらない車たち…………orz(苦笑)
……まぁ、しょうがないよ!!馬力ないし!!と慰めあいつつ、スタートを見守り続ける。
そこに問題のバモスがスタートラインに並ぶ。
「あれ、もしかしたらすっげぇ速いのかもしれないよ?」
「いや、普通だろ。速くないって」
「ちゃんとヘルメットかぶってるじゃん、あのおじーちゃん。もしかするかもしれないよ?」
と淡い期待を寄せてみる。
スタートしたら、やっぱりバモスはバモスでした(笑)
ああ、気持ちのいいドライブだっただろうな……天気はいいし、空気はいいし、道路封鎖で好きなように走れるし、何かあったら助けてくれる人はいるし(笑)
結局、全走行車がだいたい4分台でのぼった道を、6分でのぼっていきましたー。
アタシはあれより速く登らないとな……今度こっそり挑戦してみよう……。
1本目が終わったあと、もう一度トライするために降りてくる車たち。
その中にその中に一台、明らかに形が変わってるランサーエボ6がいる。
どうやらガードレールにぶつけたらしい。
………………あの、フロントバンパーの左側がないんですが…………?
ごっそり、なくなってる。
……ほ、ホイルベースが大きくなったね…………としか言えない(苦笑)
とりあえず、ナンバープレートはしっかりくっついててよかったね!!
←フロント左にナンバーがついてた。なくなったら再登録だもんね……いくらかかるやら……。
ぶつけた場所は「やるならあそこ以外にない」と言う場所なので当然といえば当然なんだけど、まさか今日やるとは思ってなかったよ……。
そのうち2本目が始まる。
眠くなる(苦笑)
しかし半分が走ったところで黄色いVIVIOがスタトーに立った時、無線の向こうで切羽詰った声がする。
「1台途中で止まってる。スタート止めて!!」
スタートの人にもその無線が聞こえているにもかかわらず、叫ぶ(笑)←結果、後続のドライバーたちがわらわらと集まってくる(苦笑)
どうやら、コース上で1台事故ったらしく、コースを半分塞いでるとのこと。
それが師匠のいる近くらしいので電話してみる。
「師匠、どこにいます?」
「俺んとこじゃねぇよ。もっと下。○○(オフィシャル)がいるところのちょっと下じゃねぇ?」
……師匠、音を聞いて場所がわかるらしい……。←その通りだった
ですが、師匠は今回完全なギャラリー。指示は出しません。
うう、アタシは師匠の指示の方が的確で合理的で好きなんだ……。
と思いつつ、今回のチーム長の指示を聞く。
あああ、代わりに指示飛ばしたい…………(イラッ)
そんなことを思ってたからでしょうか。
「ちょっと行って来るから待ってろ」と言われて、置いてかれた………………。
アタシ、今日だけで何回置いてかれてるんだろう…………(寂)
呆然と見送ってると、ドライバーから「何かあったんですか……?」と話しかけられる。
「え?ええっと…………事故ったみたいで……処理しに行ってるんで待っててください」
アタシも詳しい情報を知りたいのよ…………orz
悔しい気分のアタシの隣にいたインテグラから降りてきたお兄さんにも話しかけられる。
「あの……もしかしてさっきスタートしたシルバーの…………?」
「ええ、そうです。なんか、コース半分塞いでるみたいで……」
「…………知り合いです…………」
ああっ(汗)よ、よかった……「なんでこんなので事故るんだよぅ」って大きい声で言わなくて!!(大汗)
帰ってきた姐さんの話を聞くと、「右と左のフロントがなくなってて、一回転して右足が曲がってる」。
ええっと。要領を得ません、姐さん(笑)
どうやら、滑って焦ってまずは左側をガードレールにぶつけ、反動で左側をぶつけ、一回転して右側の側溝にハマった時に右のロアアームだかが折れたらしい。左右のフェンダーがなくなってるとか(その後、フロントバンパーの左右が千切れとんでることが判明。右足は根元から内側に向いてた)
処理を終えて競技再開、その後はスムーズに進んだものの、問題は競技を終えてからの表彰式にありました。
ある民宿をお借りして表彰式が行われたのですが、その駐車場に30台ほどを停めるのに苦労するのです。←これもオフィシャルのお仕事
あのさ………………。
その黄色い安全ベストは何のためにあると思ってるんだ?!そんなとこに突っ立ってたら間違えて入ってくるのも当然だろうが!!凸(`Д´メ
と怒られるうちのオフィシャル、あだ名は「リセット君」←毎年毎回来て見てやってるのに毎年毎回忘れたのか位置から教えなおさなきゃいけないヒト。
師匠もボソリと呟く訳ですよ。
競技車が競技を終えて降りてくるのを見てるくせに、全開で突っ込んで上っていこうとするリセット君を見て、「……だからアイツは怖いんだ……」
オフィシャルが事故を起こしたらどうするんだ。
まぁ、そんなすったもんだの末に、無事に終了したのですよ。
その日はね。
ただ、その日の帰りに地獄の宣言のようなものを聞くのです。
「じゃあ、明日は5時に現地集合だからヨロシク!!」
ちょっと待って、競技長ー!!
5時現地集合って、現地って、この民宿からさらに20分ほど先なんですけど?!そして民宿まで家から20分ほどなんですけど?!そしてそして、今寄るの10時なんですけど?!
飛ばして家に帰って10時半、急いでお風呂に入って11時、明朝家を出るのは最低でも4時半(かっ飛ばす気満々)、ってことは最低でも4時に起きなきぃけないわけで……ええと、睡眠時間5時間?
昨日の夜もろくに寝てないのに……。
肉体的にも精神的にもぐったりしてて目が完全に死んでるのに……。
みんなで「明日、遅刻したらぶっ飛ばす☆」と言い合いながら帰路に着いたのでした……(笑)

そして家に帰って「パソメルのチェックだけ……日参サイトをちょっとだけ……」とパソを起こしたら、イージスサイト様で「本日PM11時ごろよりチャット開催」のお知らせを見るのです………………。
い、行きたいけど、行ったら死ぬ…………orz
アタシにとっては究極の選択でした(笑)
どっちも好きなんだもん!!ラリーとイージス、どっちを取るかって聞かれたら本気で悩むわ(笑)
結局、自分の生死にかかわるか(イージスチャットに参加して寝不足のままでオフィシャルに向かう)、人の生死にかかわるか(寝れるだけ寝て体調を整えてラリーオフィシャルに向かう)を考えて、後者を取りましたが。
ラリーをぶっちするわけにはいかないので……頭数足りないし……。
おのれ○ィッツ!!○ィッツのくせに、面白くないくせに、ドライブみたいに走るくせに、同じ○ィッツがぞろぞろと50台も出走しやがるから!!
と○ィッツに呪いの言葉を吐いて(○ィッツに乗ってる人にはホント申し訳ないです)、30分だけ参加。泣く泣く退室。
その後の意識はありません(笑)
ばったりと布団に倒れて、気を失ってました(笑)


そしてようやくアタシの土曜日は終わったのです。
明日は日曜の「ヴィッツチャレンジ」グダグダデロデロオフィシャル日記をUP予定ー。
いまだに疲れが取れないので本当にUPできるかどうかは不明(笑)
ってか、アタシの覚書だよね、コレ……。
スポンサーサイト





【2007/06/03 22:31】 | | COMMENT(0) |



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→姫月結城