[PR] フローリング コーティング 『見えるもの』⇔『見えないもの』 ここ3日
FC2ブログ

プロフィール

清香 明良

  • Author:清香 明良
  • メガネとリボルバーと

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク

『見えるもの』⇔『見えないもの』
例えばそれは『言葉にしないとわからない』ことだったり、『言葉にしなくてもわかる』ことだったり

ここ3日

友人宅に通いました(笑)
心なしか、にゃんこ達が「コイツ、また来たのか……」と思ってる顔をしているような気がしました……。

2時間ドラマの帝王のドラマを見ました。
飛騨高山だったので。今日度合い。違う、郷土愛。
開始20分で、前作前々作を見てみたい衝動に駆られました。
すっげ気になる。
連れてる子供の学校はどうしてるのか、とか←そこじゃない

ああいったドラマで驚くことは、「車で1時間くらいかかるような場所がまるで徒歩5分先にある」みたいな地理。
今回は「車で30分の距離が走って1分ほど」で驚いた(笑)
しかも、そこどこだよ?知らないよ、高山峡なんて。
高山北署も高山総合病院も知らないよ←「このドラマはフィクションです(略)」
不思議だったのは「あの店の前を通ってあそこに行くのならその橋は逆送したらダメだろ」ってとこ。
その場所の地図を見せろ(笑)
いやー、いろいろ突っ込ませていただきました。
飛騨高山の医者はそんなにいないのかとか。ろくな医者いないなとか。
明らかに飛騨高山じゃなかったところとか。
エンドロールに「協力:飛騨市のみなさん」ってあったところとか。
飛騨市と高山市は違うんですけど……(笑)
いろいろ誤解を招くドラマかと思いますが、面白いこた面白かった。
医者と看護婦と警察しかいなかったよな、あのドラマ(笑)
スポンサーサイト





【2007/02/17 02:21】 | 今日の出来事 | COMMENT(0) |



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



| BLOG TOP |




テンプレ作ったやつ→姫月結城